未成年者が脱毛サロンで施術する場合

未成年者が脱毛サロンで施術する場合

脱毛サロンでは成人を迎えた人だけではなく、未成年者の場合も施術を受ける事が出来るお店が多く在ります。


未成年者と言うのは両親に親権が在るため、本人だけの意志で申し込みをすることが出来ない事、そして20歳未満の女性の場合ホルモンバランスが不安定であり、この状態で脱毛の施術を受けた場合、身体に負担をかけるケース、そして効果が弱くなる事も在ると言います。

しかしながら、ホルモンバランスは生理が順調に来ることで安定するため、生理が順調に来ている女性であれば、例え成人に達していなくても効果を得る事が出来ると言う事です。


この場合は、両親に親権が在る事からも、両親に承諾を得た上で施術を受ける事が大切です。



また、サロンの中にはカウンセリングを受ける時に両親が参加する事を条件にしているケース、カウンセリング時に両親が同伴する事が出来ない場合は、両親による直筆の承諾書が必要になるケースも在ります。



尚、未成年者の場合でもムダ毛の処理を、シェーバーなどを利用して行う女性が多くなっていますが、自己処理でのムダ毛処理と言うのは肌へのダメージを与えてしまう事も在り、皮膚が炎症を起こしてしまう、黒ずみが生じてしまうと言った肌トラブルの原因にもなりかねません。

その点、脱毛サロンでの施術は肌トラブルが起こり難い方法でムダ毛を生え難くしてくれるため、肌が弱いと言う場合でもパッチテストや照射テストを受ける事で施術が可能か否かを知ることが出来るようになっているので安心です。